賞味期限切れのキムチは加熱すれば大丈夫?オススメの食べ方も!

コラム

韓国料理の代表たるキムチ。
今や日本の食卓でもすっかりお馴染みで、わざわざ韓国から臭い思いをして買って帰らなくても、コリアンタウンに行かなくても、巷のスーパーでいくらでも手に入りますね!
とは言え、韓国人と違って必ずしも毎日毎食キムチを食べる習慣がないと、賞味期限切れになることも…。そんな時、食べても大丈夫なのか、加熱すれば安全なのか、その食べ方も気になりますよね。
うっかり賞味期限切れになったキムチは大丈夫かどうか、加熱すればよいのかなどオススメの食べ方とともにご紹介します。

賞味期限切れのキムチは加熱すれば食べても大丈夫?

スーパーで売っているキムチの場合、未開封だと1か月程度の記載が多いですね。デパ地下などだと、密封されず添加物もないため、1~2週間程度のことが多いですね。

結論を申しますと、たいていの場合、賞味期限切れでも食べられます!

どんどん酸っぱくなりますが、それが好みという人も結構いますし!韓国人のご家庭で友人のオンマ(お母さん)が漬けたキムチなんて、普通に1か月以上経った方が美味しいと話していたくらいですから。

ただし、以下の場合は危険なのでやめましょう!!!

①明らかにカビが生えている場合
②ぬめりがあったり糸を引いていたりする場合
③アルコールのような臭いや腐敗臭がする場合

これらの場合、明らかに品質が劣化してしまっており、非常に危険ですので、即、処分しましょう!

※<参考>賞味期限と消費期限

農林水産省のサイトにて、子供向けにわかりやすく説明されています。
簡単に説明すると、このようになります。

消費期限:英語だと「use-by date」と言うのですが、その名の通り、その期限までに使って(=食べて)くださいね!というもの。つまりは、「期限内=安全に食べられる」「期限経過後=食べない方がよい」ということですね。

賞味期限:英語だと「best before date」と表現するように、その期限よりも前が「ベスト」ですよ、おいしいですよ!というニュアンスで、消費期限よりも緩やかな表示ですね。
消費期限と違って、過ぎてしまった後も「(ベストではないかもしれないけれど)食べられる」と思って問題ないです。
※ただし、極端に過ぎたものは要注意。。。

賞味期限切れキムチ、オススメの食べ方は?

韓国では、酸っぱいキムチはチゲやラーメンなど、加熱するものと一緒に食べていた傾向が見られましたので、加熱がオススメです!歯ごたえも少なくなっていますし。。。

キムチは通常、冷蔵庫で保存します。常温保存も可能という人もいますが、発酵が進み過ぎて膨張したり傷んだりするので、冷蔵庫がベストです!
常温を用いるのは、自分でキムチを漬けたその日に発酵を促す時くらいです。漬けた日は一晩~半日程度(気温や季節による)常温において発酵を進めてから冷蔵庫で保存します。

ただし、白菜キムチなどは、1回分ずつ小分けにして空気を抜いてジップロックに入れ、冷凍保存をすることも可能です。
1か月は余裕で保存可能ですが、なるべく早くいただくのがいいですね。ただし、かのシャキシャキな歯ごたえは残りませんので、キムチチゲやラーメン、プデチゲなど、温かいお料理に「お野菜」として入れるのがオススメです。

あとは、細かく刻んで、ギューッと水分を絞って、餃子の具にするのもオススメ!

 

*花*plusだんご
*花*plusだんご

ギューッと水分を絞ったお豆腐やタンミョン(韓国春雨)、ひき肉、お野菜と一緒に混ぜて餃子の皮で包んで蒸せば、キムチマンドゥ(キムチ蒸し餃子)の出来上がり☆彡お醤油などをつけてもよいですが、キムチの味がするので、何もつけなくても美味しい!

 

オイソバギ(きゅうりのキムチ)、カクテキ(角切り大根のキムチ)も人気ですが、きゅうりや大根など、水分の多いキムチは、冷凍すると品質が変わるなど適していないため、なるべくお早めに召し上がるのをオススメします。

カクテキも余ったらお鍋に入れられますよ~☆彡

他にも、豚バラと炒めて「豚バラカクテキ丼」にしたり、フードプロセッサーで軽く撹拌→片栗粉やネギを入れて「大根餅」らしきものにしたり、様々なアレンジやリメイクができますよ~!

※<参考>日本のキムチは保存に不向き!?

韓国好きの人は、日本のキムチをあまり好まない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
日本のキムチと韓国のキムチとでは、①作り方、②野菜に含まれる水分量に違いがあるのです!

日本のキムチは「浅漬け」のようなものが多いのですが、韓国キムチは塩抜きをしっかりした上で数日かけて本漬けするなど乳酸発酵を促して作ります。作って日が浅いうちは生で、発酵が進んで酸っぱくなるにつれ(むしろそれを待っている?笑)チゲやチヂミに入れたりと、いろいろな楽しみ方をされています。

そして、水分量ですが、日本のお野菜は全体的に水分がとっても多いのです!日本在住の韓国人の方にお料理を習った際、「白菜キムチだけは日本のは水分が多くて使えない」とおっしゃるほど。大根もあの手この手で水分を抜いてカクテキを作ってました。

日本のキムチは漬け方が浅い、水抜きをあまりしていない、そしてそもそものお野菜の水分量が多いことから、韓国キムチほどの長期保存には総じて向かないことがわかります。
(もちろん、物によりますので、最終的には実物でご判断くださいね。)

賞味期限キムチのまとめ

キムチが賞味期限を迎えてしまった場合、どうするかについてご紹介してきました。
基本的には、

□ 多少の賞味期限切れは大丈夫
□ 加熱する食べ方がオススメ

と言えますね。

食品ロスが深刻化する中、工夫して無駄なく食材を消費したいものですね。
ただし、あまりにも期限が経過しているものや見た目、味が明らかに劣化してしまっているものは、即処分しましょう。
(ご判断は自己責任のもとでお願いいたします。)

人気ブログランキングへ

おすすめグルメ☆お役立ち情報 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました