昔ながらの固めプリンの作り方

おうちグルメ

20年ほど前でしょうか。パステル様の「なめらかプリン」登場により、とろ~りとしたプリンが増えましたね。
もちろん、あれも美味しくて大好きなのですが、時には昔ながらの固めのプリンも食べたくなるのです。

巷で売っていたりデザートメニューで提供されていたりしますが、必ずしもすべて満足というわけでもなく。。。
自分では再現できない大好きなお店のようにはいかなくとも、普段使いの満足プリンを結構な頻度で作っております(^_-)-☆

固めのプリンの作り方は?

こちらのレシピがとても参考になり、毎回使わせていただいております。

自分で作るときは、

お水をもう少し足す→カラメルの失敗防止
(生地にグラニュー糖を使用する場合は)35g程度と少なめにする。
バニラエッセンスの代わりにバニラビーンズ(2㎝程度)orバニラオイルを用いる

感じでアレンジしています。
牛乳も、逆に不足する場合は生クリームで補ったりと、配合も毎回微妙に異なりますが、本当に簡単で失敗知らずのレシピ☆彡

固めのプリンを作るコツは?

ポイントをいくつか挙げるとするならば、

① (カラメル)ゴムベラなどを入れない→入れると結晶化してしまうので厳禁!
② (カラメル)最後にお湯を足して色止めをするとき、跳ねて火傷する場合があるので注意!
→ざるや漉し器の上から or アルミをかぶせてお鍋の淵からお湯を入れるかすると安全。
③ 材料を選べるのなら、牛乳も卵も栄養価の高いもの(4.5の濃厚牛乳や質の良い卵など)を用いると、シンプルなだけに格段と美味しくなる!

といった感じでございます。

平日残業後に帰宅し、最初に仕込んでオーブンに入れている間に夕飯とお弁当を作る!というパターンが多いです(^^♪

皆さまも是非お料理の合間に作ってみてくださいませ!
お読みくださり、ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

おすすめグルメ☆お役立ち情報 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました