食べ物が体を作る!?(英語ではYou are what you eat!)

コラム

突然ですが、食いしん坊は食費も結構しっかりかかります!笑
これでも、以前よりはかなり減らしましたが、エンゲル係数もそれなりに。。。汗
が、ある意味こだわって食べ物にはお金をかけている部分もあります。

<食費がかさむ理由>
① 単に大食いである
② 食材の質を妥協しない
③ 外食やテイクアウトが多い(≒自炊率が低い)

などが挙げられますが、自炊派の「*花*plusだんご」にとっては、①と②が主な原因。

とはいえ、食べないわけにもいかないので、①は仕方がありません。
では、②は?というと、ある程度は食費節約の工夫はできたとしても、お値段だけで選んでしまうことにも疑問が残るのです。

庶民ですので(笑)、高級な食材ばかりを使用するわけにはいきませんが、なるべくなら作り手が分かるもの、何が入っているかわかるものを選びたいと思っています。
外食でも市販品でも、例えば古い油や酸化した油が使われていたりすると、体調を崩してしまったりすることも時折あり、油も結構気を付けるようにしています。

*花*plusだんご
*花*plusだんご

※ちなみに、酸化した油は美肌の大敵です!!!
 油の摂取はお肌の状態に直結しますので、質のよい油をバランスよく摂取しましょう♪

原材料の表示欄にもなるべく目を通し、極力添加物や化学調味料が使われていないものを選びます。
お肉も可能な限り国産を選びますが、特にひき肉などは「中身が見えない」だけに、きちんとしたお店で購入するか、ふるさと納税でいただいた良質なお肉を冷凍保存し、使うときに自分でフードプロセッサーで挽いて使ったりします。
パン粉も市販品は使いきれず、油の酸化を避けるために、余ったパンを冷凍保存し、使用するときにフードプロセッサーで拡販して料理しています。
 ↑
完全なフープロ女。。。ないと生きていけない(笑)!

無駄遣いはしたくありませんし、そのお値段を支払ってでも手に入れる価値があるのかは常に考えて購入しますが、適度に節約しながらも体が必要とするものは、きちんと投資してあげたいとも思っています。

お気に入りのお店の方(有名人)も、「変なもの食べて体調崩すと、医療費の方が高くつくよね!」と話されていましたが、本当に同感です。
もちろん、良心的な価格で素晴らしい品もたくさんあるので、見極めは必要ですが、安かろう悪かろうには要注意!
自分の体は、何としてでも守らなければ!!!

「食べ物が体を作る」

英語では、“You are what you eat!”と表現します。「あなた=あなたが食べたもの」→まさに「食べたものがあなたを作っている」、その通りですね!
そう考えると、食材選びって本当に大切で、適度なこだわりも悪くはないのかなとも思います☆彡

人気ブログランキングへ

おすすめグルメ☆お役立ち情報 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました