横浜もちだ農園2021いつからいつまでいちご狩り可能?予約方法も!

気になるグルメ

神奈川県横浜市のもちだ農園では、首都圏にいながら、もぎたての苺食べ放題が楽しめるいちご狩りができる人気の収穫体験スポットです。春もすぐそこ、旬の時期を迎えたいちごですが、2021年はいつからいつまで、もちだ農園でいちご狩りができるのか、予約方法はどのようになっているのか、気になる方も多いのでは?
コロナ禍が続く2021年も、横浜のもちだ農園ではいつからいつまでいちご狩りができるのか、そして予約方法について調べてみました。

横浜もちだ農園、2021年はいつからいつまでいちご狩りが可能?

それでは、横浜の人気いちご狩りスポット・もちだ農園でのいちご狩りはいつからいつまでできるのか、2021年の日程を確認していきましょう。

2021年1月9日から5月下旬頃まで
※定休日:月・火 (5/9までは土日のみ開園)
※いちごの実が少ないときは休園することもあるので、電話確認が望ましいです。

神奈川県横浜市神奈川区羽沢町にあるもちだ農園のいちご狩り、2021年は1月9日から開始しています。

30分食べ放題が楽しめるのですが、「紅ほっぺ」「おいCベリー」「とちおとめ」「あきひめ」の4種類を食べ比べることが可能なのです(生育状況による)。
ミルク(練乳)もおかわり自由なので、それぞれの品種でそのままのいちご、練乳つきとバラエティー豊かな食べ比べができますね。

4月6日までがお値段が一番高く(大人2,000円)、その後1か月は1,500円、5/10~5月下旬までは1,100円と大幅に下がりますが、苺の旬と比例していますので、気になる方は、たっぷりの苺が楽しめるよう、お早めに出向いた方がよさげですね。

SNS投稿からも、とても大ぶりで綺麗な立派な苺だということがわかりますね!

*花*plusだんご
*花*plusだんご

以前に行ったとき、食べた苺の個数を数えてはいませんが、おそらく数十個!?おなかがタプタプになるまでたっぷりの美味しい苺を存分にいただくことができました!
ちなみに、いちご狩りの苺を持ち帰ることはできませんので、持ち帰る場合はお土産用の苺を利用しましょうね。

それでは次に、横浜もちだ農園のいちご狩りの予約方法をご紹介しますね。

横浜もちだ農園、2021いちご狩りの予約方法

横浜のもちだ農園のいちご狩りの予約方法は、残念ながらホームページ上でのウェブ予約システムなどがありません。ホームページに記載の電話番号「080-6519-8358」に電話をすることで予約ができます。
電話受付時間は午前8時~午後6時とのこと。個人の携帯電話ですので、おかけ間違いと時間帯には注意しましょう。

なお、2021年はコロナ対策、ソーシャルディスタンスの一環で4部制(10:00~/11:30~/13:00~/14:30~)で実施されています。平日は実施される回が半分になるなど、いくつか注意事項がありますので、詳しくは、公式サイトをご確認くださいね。

予約が確実ですが、当日空きがあれば予約していなくても入園可能な場合もあります。ただし、駐車場(17台分・無料)を利用する場合は要予約ですので、ご注意くださいね。

横浜もちだ農園、2021いちご狩りまとめ

今回の記事では、神奈川県横浜市のもちだ農園で2021年にいちご狩りができる期間と予約方法についてご紹介してきました。

横浜もちだ農園でのいちご狩りは、
2021年1月9日から5月下旬頃まで(※定休日:月・火、5/9までは土日のみ開園)
となっています。

予約方法は、もちだ農園様のサイトに記載の電話番号に直接電話して予約が完了となります。サイトがあるものの、サイト上ではなく電話での予約となりますので、ご注意くださいね。

<もちだ農園ホームページ>
http://mochidanouen.web.fc2.com/

高設栽培のいちごなので、多くの人にとって取りやすい高さで収穫でき、土耕栽培とは違って土もつかないことから、洗わずにそのまま食べることができ、甘みをしっかり存分に楽しめることができますよ。

2021年は特に、時間制が導入されるなどソーシャルディスタンスが徹底され、一度に入れる人数も限られることから、気になる方はお早めに予約し、楽しんで来てくださいね!

人気ブログランキングへ

おすすめグルメ☆お役立ち情報 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました